主体的学び研究所

ICEモデルによる授業デザインーExtensionsの役割

トップページ フォーラム 柞磨 昭孝先生に相談 #taruma ICEモデルによる授業デザインーExtensionsの役割

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #2292
    花岡 隆一
    参加者

    ICEモデルをの実践を深められる中で、柞磨先生はExtensionsの新たな役割に注目されました。「Ideas やConnectionsのフェーズで、生徒が知識に有意な意味を与えることができるようにはどうすればよいだろうか?」(「ICEモデルで拓く主体的な学び」より)そこで考案されたのが生徒がExtensionsを「垣間見る」機会を与えるため、学習の初めに示すExtensionsのことを「Pre Extensions(Pre E)」と名付けられました。(同書)

    ICEは螺旋状に進化していき終わりがないプラットフォームですが、その際にExtensionsが重要なプロセスであることを理論づけられました。Extensionsは期待をもたせるものでなくてはならない、発展的であること、創造的なものでなくてはならない、だからこそ次のIの探究につながっていく。これを知識の習得というレベルではなく、個人の学びの成長として考えておられることが何よりも柞磨先生の基本的な考えであると思います。Exensionsこそ学びの本質であると。このExtensionsの意味付けはカナダでも考えられてはいませんでした。Extensionsについての探究は終わりがありません。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。